ありえへん世界 セレブも間違えるグルメの裏技新常識 高級ハンバーグ、高級カレーを作る方法 2月28日

スポンサーリンク

ありえへん世界∞でやすい食材でつくったハンバーグを高級ハンバーグのようにするというのがありました。

その方法とは

100グラム98円の肉がに○○を加えると高級ハンバーグに

ひき肉100gに対しお麩を細かく砕いたもの5gを混ぜると高級外食店のハンバーグとなる。

お麩はパン粉と比べて吸水性が1.5倍もあるので肉汁のうまみ成分をしっかりと閉じ込める働きがある。

なるほどなー。勉強になります。

ありえへん世界で、ハンバーグの繋ぎにお麩を使うと、激安肉で高級ハンバーグができるとかやってるけど、そんな錯覚は絶対起こさないぞ。ふわっとするからいつも実践してるけど。

高い方が挽きすぎてるように感じたのは、サシが入りすぎてて肉の繊維が感じられなかったんじゃなかろうかと そして、高級品しか食べてこなかったリョウガの舌の感覚がww

自称セレブの方たちも、高級ハンバーグと安いハンバーグ間違えてましたねー

1個178円のカレールーに○○を加えると高級カレーに

ひと手間かけて野菜出しを入れることでカレーがおいしくなりそうですー

野菜の皮を捨てないで、にこんで出汁をとうということみたいですねー

排水溝ネットに野菜のヘタや皮を入れお湯で5分間煮込み、

それを取り出したあとそこへカレールーを入れると高級ホテルで味わえる高級カレーの味になる。

野菜のヘタや皮にはうまみ成分が詰まっているため

 野菜くずのブイヨンとか、普通にレストランの基本じゃないか これで差が付く時点で1600円オーバーのホテルカレーもたかが知れすぎてる

 

 

 



コメントを残す