『小さな巨人』芳根京子いらない?

日曜劇場『小さな巨人』の芝署編が終了し、後半の豊洲編に突入したんだけど、いままでいらないと言われていた芳根京子ちゃん演じる三島祐里の登場シーンがぐんと増えてきたわね!!

これは芳根京子ちゃんのファンとしては嬉しい限りだわよね!

前半では、ほとんど何もしていなかった三島ちゃんだったんだけど、豊洲署編ではどんな活躍を見せてくれるのかしら!?

スポンサーリンク

『小さな巨人』のキャストでは数少ない女性警官役

『小さな巨人』では、男性の警察官ばかりで、あまり女性警察官は出てこないわよね。だから芳根京子ちゃん演じる三島祐里は目立つ存在よね

三島祐里というのはこんな感じで紹介されているわね

繰り広げられる大人の権力争いを、日々疑問の目で見ている。

「警察にとっての正義とは何か?」疑問に思っている。

香坂とは研修の時に会っており、周囲から自身の夢をバカにされる中、一人応援してくれた香坂は憧れの存在。

 

警務部の人事課職員だったが、都民の安全を守るため、そして香坂のような刑事になりたいという思いから異動希望を出し、豊洲署の刑事に。

刑事としての初任務に戸惑いながらも、懸命に捜査に取り組む。

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/story/より引用

今回、芳根が演じるのは、警察犬のブリーダーに憧れて警視庁に入庁したが、警務部の人事課に配属された新任職員・三島祐里役。

ドラマ制作陣が取材する中で出会った実在の人物をモデルに作られた役柄。

人事の仕事をこなす中で、“優秀な刑事”と“出世をする刑事”とは別物であることや、普段は巨悪に立ち向かう勇猛果敢な警察官たちが人事にも大変興味を持っていることも知る。

警察内部の人事情報に精通することで、やがてある決意をするのだが、その決意がこの物語を左右していくことになる。

http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/intro/より引用

結構重要な約っぽいわよね!!

芳根京子ちゃんのプロフィール

生年月日:1997年2月28日
年齢:20歳
生まれ:東京都
身長: 159 cm
血液型: A型
職業:女優
ジャンル: 映画・テレビドラマ・CM
活動期間: 2013年
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

まだまだ若いわよね~

それなのに共演者の長谷川博之さん香川照之さんも認める程の演技力を持っているなんてすごいわよね!!

芳根京子ちゃんは、いろいろなドラマや映画に出演しているんだけど、みんなオーディションを受けて勝ち取ってきたらしいわよ!!

 

だから業界内では、芳根京子ちゃんのことを『オーディションキラー』なんて読んでいる人もいるんだって!

オーディションで芳根京子ちゃんがいたら、オーディションを受ける前に諦めちゃうマネージャーさんもいるみたいなのよ~

 

それだけ認められているってことよね。

スポンサーリンク

『小さな巨人』芳根京子いらない?

『小さな巨人』に芳根京子ちゃんはいらないとかいわれているみたいだけど、新しく豊洲署に移動してきたことによって出番は増えてくるし、その分活躍も増えてくると思うのよ。

実際に、第6話では、聞き込み調査によって、ユースケ・サンタマリアさん演じる早明学園の経理・矢部が何者なのかを判明させることに成功したし(これは香坂さんが鋭かったからだけど)

今後も三島祐里の活躍によって、事件が大きく進展するかもしれないわよね

それに、公式ホームページに書かれている

警察内部の人事情報に精通することで、やがてある決意をするのだが、その決意がこの物語を左右していくことになる。

っていうのもすごく気になるわよね

てことで芳根京子ちゃんがいらないわけないのよ。なんてったってかわいいしね!

『小さな巨人』もだんだん盛り上がってきたことだし、芳根京子ちゃんもいっぱい見れるようになったし、これからも見ていくしかないわよね!!



コメントを残す