孤独のグルメSeason6 10話 アジフライ。隠れタルタリスト

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason6の第10話が放送されたわよ!!

今回は千葉の鋸山付近にある浜金谷駅ってところまで行ったのよね。市場の近くだからやっぱり魚ってことで、漁師めしって旗が立っていたはまやって店に入ったのよね~

孤独のグルメSeason6 10話 アジフライ。隠れタルタリスト

市場を見て腹が減る五郎さんw
しっかり仕事パート描写してからの唐突な空腹→即店発見は笑うでしょ
アジフライに醤油派と、アジフライにソース派の戦争が起きる気がする。 いや、断然ソースだよね。味付けにもよるけど。
松本明子に佐藤蛾次郎だ!
漁師飯なんて絶対おいしいに決まってる!
『漁師めし』 凄いパワーを感じる言葉だ そして、客が佐藤蛾次郎!

アジフライが主役で刺し身は足りなかった時のサポートみたいな扱いすごく孤独のグルメっぽくて良い
ぬか漬けが旨い店は信用できる
期待大ちゃんだ
定食の最初に出てくる『前座三人衆』は、日替わりのようです。つかりの良い漬物も、キャベツの胡麻和えもボリュームがあってこれだけでお酒が進みますが、アジのなめろうを焼いた『さんが焼き』が絶品!

開きじゃなく切り身のアジフライええぞ

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason6 10話 アジフライ。隠れタルタリスト

ナニコレフワフワアジフライ。やっばいうまそうアジフライ美味そうだな
おいしいびっくりひさりぶり
アジフライってなんでこんなに美味いんだろうな。たぶん家康公も毎日食べたくなるよ
アジフライはあまり自分から頼むことないけど こんなん見せられたら食いたくなりますね
うちの近所のローソンでアジフライ買うと店員がタルタルソースつけてくるんだけどアジフライにタルタルだけはないと思うわ。ウスターソースが正解だろう

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason6 10話 アジフライ。隠れタルタリスト

状態が最高のアジフライとそれを受け入れられる健康状態が見事に合致したとき、それは本当の意味で最高のアジフライになるのである。

はぁぁぁぁ!!!アジフライ食べたい!!!アジに合わせた柔らかめでいて口溶けの軽いサクサク衣のアジフライ食べたくない!?あぁ^~口の中でアジがぴょんぴょんするんじゃ^~
さんが焼きって、なめろうを焼いたものなのね。五郎さんの食べ方、本当に美味しそう!アジフライも美味しそう!

アジフライにはソースだよなぁ・・・ソースの辛味と、アジの甘みがハーモニィをさ・・・ハーモニィ?
本当に美味しいアジフライはソースでもしょう油でもタルタルでも美味いんだよ! だからどれか一種類だけにこだわるなんてナンセンスだぜ (アジフライ過激派)
最後はレモンタルタル!
アジフライ定食食った上にラーメンまで注文するのかとビックリした(笑)
最後のアジフライはレモンタルタルで締めか・・・!! もうダメだダメ。堪らなすぎる・・・



コメントを残す