孤独のグルメSeason6 11話 回鍋肉 担々麺

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason6の第11話が放送されたわよ!

今回は茗荷谷の中華料理屋さんが舞台だったのよ!!

 

茗荷谷にある出版社を訪れた井之頭五郎(松重豊)は、到着するなりカフェに連れていかれ、いきなり写真撮影がスタート。

得意客からの依頼で、渋々承諾したインテリア雑誌のインタビューだったが、想定外の連続で引き受けたことを後悔する。

さらに編集部・川島秀樹(片桐仁)からの意外な質問に、五郎は苦笑するしかなく…。

慣れないことでドッと疲れた五郎は、食事で鋭気を養おうと店探しを始める。

今の腹ペコ具合には中華だと中華料理店へ。

サラリーマンやOL、主婦で店内が混み合う中、店員の濱田(水沢エレナ)の案内で席に着いた五郎は、夏季限定メニューに心躍らせる。

http://www.tv-tokyo.co.jp/smp/program/detail/201706/22078_201706232412.htmlから引用

孤独のグルメSeason6 11話 回鍋肉 担々麺

インテリア雑誌のインタビューの仕事を受けた五郎さんだったが、こんなに撮られまくるとは想定外。
実情を知らぬ人間、もしくは慣れてる人間の尺度はあてにならぬ…w

モテるモテないは部屋関係ないと思いますけどねぇ
ゴローさん、食事以外で名言キターーー!

「いい記事になりそうです!」こういうことを言うやつ程クソ記事を書く確率高い

本日は放送開始から空腹まで9分でした
そういえば今期昼飯多いっすね
絡みづらいタイプのギリジンさんのお陰で、かなり腹が減ったゴローちゃん。

ラーメンズが出てるから今回のメニューはラーメンだろう
孤独のグルメの中華回はだいたい破壊力あるよね
冷やしタンタンか!

この冷やし担担麺結構量あるな
いざ、プール開き
ひや中って実際初めて聞いたんだが…実際言うのかな

井之頭五郎、冷やし担々麺を豪快にすすりつつもワイシャツに汁を跳ねさせない…なんというスキルよ…

スポンサーリンク

孤独のグルメSeason6 11話 回鍋肉 担々麺

感動的な底なし茶碗蒸しだ
いくらでも入るやつとか最高隆盛とかオタクかよw

孤独のグルメseason6アカン 毎回店が現代風で綺麗すぎる 中華だったら扉ギトギトで小汚い店位がいいよ。全然料理にも惹かれない(⚭-⚭ )

豊栄さん……正直、出してよかったのかと思うぐらいのどれも旨いものばかりのお店でした。 間違いなく11話時点までであれば今シーズンNo.1のお店と胸を貼って言えます。 なんとか次は予約とって行きたい、そんなお店です。
限界突破したような辛いメニュー一個はあるよね? あの手の店って
外で食べる中華は油の量に容赦がなくていい。自分で作ると手加減してしまう

先週のアジフライもだけど、今週の回鍋肉、今シリーズは直球な男飯メニューが充実して良し!
今週のゴローちゃん、某アカウントの情報だけで4250円食ってるし、ウーロン茶も頼んでるから下手すると4500円コース



コメントを残す