仮面ライダーエグゼイド ネタバレ第44話 パラドとポッピーが消滅!?

仮面ライダーエグゼイドの第44話が放送されたわよ!!

前回、仮面ライダークロニクルのラスボス・ゲムデウスクロノスを一度倒した永夢たちなんだけど、倒した後にゲムデウスクロノスが復活して、そのせいでゲーム病患者たちが再びウィルスに感染して暴れだしてしまったのよ!!

今回はどうなっていくのかしらね!?

仮面ライダーエグゼイド ネタバレ第44話 パラドとポッピーが消滅!?

ゲーム病の患者が次々とゲームウイルスへと変貌し、人々を襲い始めた。

襲われた人たちもゲームウイルスとなり街はパニックに。

が、下手にバグスターウイルスを切除しようとすると人々の命も失われてしまう。

手を出せないエグゼイドらは追いつめられる。

 

そんな中、ポッピーピポパポ(松田るか)は自らの身体にドクターマイティXXガシャットを挿しワクチンに。

ポッピーの身体はデータ化、美しい欠片となって降り注ぐと人々は元の身体へと戻っていく。

 

人々を救うために犠牲となったポッピーに涙する永夢(飯島寛騎)。

エグゼイドレベル1に変身し、クロノスからゲムデウスウイルスを分離するための攻撃を開始する。そんなエグゼイドにブレイブらも協力、レベル1となり次々と攻撃を繰り返す。

 

そして、最後はパラドクスがエグゼイドらのフィニッシュをサポート。

変身を解除したパラド(甲斐翔真)は、自らを犠牲にドクターマイティXXガシャットでゲムデウスを消滅へと追い込む。

「お前とゲームできて…最高に楽しかった」と消えていくパラド。

これで永夢はエグゼイドに変身する能力を失ってしまった…。

 

「君たちの運命は、バッドエンドだ」

ゲムデウスは消滅したが、エグゼイドも変身能力を失っている。

正宗(貴水博之)は永夢らの前で高らかに勝利を宣言する…!

http://www.tv-asahi.co.jp/ex-aid/story/44/から引用

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド ネタバレ第44話 パラドとポッピーが消滅!?

人から分離前のバグスターを切除できるのはLV1だけ(その後の戦闘の殆どは分離後のバグスター戦)という恐らく視聴者のほとんどが忘れていた設定を最終回直近に持ってきて伏線全回収するエグゼイド(; ・`д・´) スゴイヤ.

適合手術を受けたライダー達の体内にあるバグスターウイルスもワクチンで処理して終わりかな。研究機関に保管されていたウイルスを盗み出して、再びパンデミック発生→もう変身できる人間はいない!ってところからスピンオフ作品がスタートだな(^O^;)

ポッピーがママンでムスメ。 表情でバブみとパパみ…涙無しに見れませんでした パラドもやっとエムに… クロニクルゲームクリアで戻ってくるよね?シェンロン🐉🔮 叶えてくれると信じる!断言 社長パパンの行く末も気になります。神のみぞ知る🕳ƪ(˘⌣˘)ʃ

バグスターウイルスは根絶しないといけないから、ポッピーピポパポもパラドも結局消える運命だったのよねぇ…(´;ω;`)

本日のエグゼイドも また面白い展開でしたね、 ポッピーとパラドの覚悟は 心が苦しかったです….. そして久しぶりのレベル1、 ここにきて1に戻るのは 胸熱でした… 次回がいよいよ最終回、 あぁ〜来週きてほしくねぇ‼️

レベル1のくだりもそうだけど、今更ゲンムがエグゼイドに間違えられるってのもなかなか嬉しいものがある(*´ω`*) てゆーか、最近は新檀黎斗や檀黎斗神のインパクトが先行しすぎて「あ、そういやこのライダーの名前、ゲンムだったな」ってなることが多々あったのも良き思い出

仮面ライダーエグゼイドは今日が実質最終回で来週がエピローグじゃなくて、最終放送日にきちんと最終回を迎えるんだな。よかった、よかった(^O^)

エグゼイドの見た目ダサいダサい言われてるけど、逆に私は仮面ライダーとバグスターのデザイン性に惚れ込んで見始めた勢で、ライダーの色合いには統一性があってまるで一つのコレクションみたいだし、怪人はその性質を活かしたシンボリックなデザインが多いのでそれだけで華がある

毎週神回だけど今週はもうどうにかなりそうなくらいの神回だった!

スポンサーリンク

仮面ライダーエグゼイド ネタバレ第44話 パラドとポッピーが消滅!?

今日のエグゼイド号泣😭 ポッピー、パラド消滅。。。。 2人とも残す言葉が感動すぎるよ。ポッピーなんかもうやばい。。。ずっっっと泣いてた自分。来週は最終回😭😭

今日の檀黎斗神、ポッピーとの場面はスゴい涙腺にきた…。そうだよな神にとっては母親でもあるしな…。(´;ω;`)

あぁ、今日のサブタイ「最期のsmile」だよなぁ。パラドもポッピーも最期は笑顔だったなぁ…やばい、目頭熱くなってきた。

 

スポンサーリンク



コメントを残す