過保護のカホコ 第8話 麦野はじめくんが泣いた!?

スポンサーリンク

過保護のカホコ ネタバレ 8話感想も!高畑充希ちゃん主演の日本テレビのドラマ『過保護のカホコ』の第8話が放送されたわよ。

前回のラストで高畑充希ちゃん演じるカホコ竹内涼真くん演じる麦野くんは喧嘩してしまったんだけど、その後ちゃんと仲直りできるのかしらね!?

最近人気急上昇中の竹内涼真くんの泣きの演技に注目よ!!

過保護のカホコ 第8話の感想・ネタバレ 麦野はじめくんが泣いた!?30代女性A子さん


カホコのばぁば(三田佳子)が病気だと三姉妹や親戚にばぁば自ら話をします。

それを聞いて三姉妹の夫婦でこれからどうするか、の話し合いがもたれます。

しかしこの会議が三姉妹で喧嘩になってしまいます。

特にカホコの母、泉(黒木瞳)が標的になっていました。

カホコは、初と別れて婚活パーティに参加しますがうまくいきません。

無理しなくてもいいと回りからの反対を押しきって参加してました。

養護施設から逃げ出した子どもを送り届けたカホコにその施設にあった絵に目がとまります。

すんばらしいこの絵は、とすぐに初を思い浮かべます。

婚活パーティに参加して偶然にもバッタリ会ったのはイケメンサクラ役としてバイト中の初でした。

そして施設に行ったことや手紙を施設が預かっていることを伝え、一緒に行こう、一緒に行こうとカホコは何度も誘います。

施設に向かい初は手紙を読み、母親に会いに行く決心をします。初とカホコとバスに揺られ新しい家族と過ごす母親に会います。

初は精一杯の強がりで、幸せじゃないと許さないからと温かみのある言葉を母親へ送ります。

我慢していた涙が溢れてきます。

カホコに抱きしめられて初は、カホコの存在の大きさに気付き愛の告白をします。

カホコの父母に、結婚を認めてもらおうと挨拶に行きます。

真剣な気持ちはわかったと認めてもらいますが、真剣に反対しますと言われてしまいます。

そして電話がなり、ばぁばが倒れたと連絡がきます。

スポンサーリンク

過保護のカホコ 第8話の感想・ネタバレ 麦野はじめくんが泣いた!?30代女性B子さん


売り言葉に買い言葉の様な喧嘩別れをしてしまった加穂子と初。

その動揺と未練を振り切るかのごとく、ばぁばの為に結婚して家族を作る為に婚活パーティーに参加すると言い出した加穂子、そのテンションはもう、明らかに無理をしていることが丸わかりの変なハイテンションでした。

けれど、そこで出会う男性は加穂子が初に言われた言葉をそのままぶつけたくなるような軟弱者ばかりで、なかなか上手く行きません。

そもそも初に気持ちがある野だから無理な話だということですよね。

そんな中、教子が連れてきた迷子が縁で初のいた施設を偶然にも知り得た加穂子、それで初の母親の事が分かり会いに行ったことで、今まで心の中に溜め込んでいた思いを泣きながら吐き出すことが出来た初、その姿に胸が苦しくなりました。

今まで本当に色んなことを我慢してきたんだろうなと、初も加穂子と出会えた事で自分を解放することが出来て、2人は真逆だけれど、だからこそ互いに必要な存在になり得たのかなと思いました。

スポンサーリンク

過保護のカホコ 第8話の感想・ネタバレ 麦野はじめくんが泣いた!?30代女性C子さん


カホコの優しさと強さが際立った第8話でした。

初が母親と再会し、いつも強気で逞しい彼がカホコに初めて見せた涙に強く胸を揺さぶられました。

そして子供のように泣きじゃくる初を深い愛情で優しく包み込むカホコの姿はまるで聖母マリア様のようにも見え、とても感動的なシーンでした。

第二話でカホコがどうしようもできない悲しみを抱えて、初の胸で思いきり泣いたシーンがありましたが、今回はまったく立場が逆になっており、カホコが大人の女性へと成長していることが伝わってきます。

自分ではなにも決められず、母に頼りきっていたあの過保護のカホコとは同一人物とは思えないほどです。

誰よりも強い愛情と信念で家族を救う、今のカホコになら不可能なことではないのではないかとさえ思えてきます。

祖母の初代の病や初との結婚への壁、親族の不仲など問題は山積みですが、カホコを見ていると辛い状況でもポジティブな気持ちを忘れないことの大切さを教えてもらっているような気持ちになります。

カホコは人を幸せにするパワーを持ったヒロインであることを改めて強く感じた第8話でした。

スポンサーリンク

過保護のカホコ 第8話の感想・ネタバレ 麦野はじめくんが泣いた!?20代女性D子さん

ばぁばが心臓に病気を抱えて余命少ないと知って、なんとかばぁばの生きているうちに自分のウェディングドレス姿とひ孫を抱かせてあげたいと必死で婚活パーティーに励むカホコにまず驚かされました。

はじめくんに振られそれを忘れようと思っているのもあるのでしょうがあまりの気持ちの切り替えの早さに衝撃を受けましたが、婚活パーティーのサクラのアルバイトをしていたはじめくんと再会して、カホコとはじめくんは赤い糸で結ばれているのだなと感じました。

教子おばさんが7歳の男の子を保護したことをきっかけにたまたまはじめくんの育った養護施設に行って園長先生から伝言を頼まれたカホコ。

そして、園長先生からはじめくん宛のお母さんからの手紙を受け取って幸せに暮らしているお母さんを見て、今まで抑えていた泣くという感情をカホコに出すはじめくんが可愛らしかったです。

最後にカホコの両親に結婚したいと報告していましたが、ママは反対しているのでどうこれから反対していくのか、パパはどう思っているのか、ばぁばはどうなるのかとても気になるので早く来週の放送が見たいです!!

スポンサーリンク

過保護のカホコ 第8話の感想・ネタバレ 麦野はじめくんが泣いた!?20代女性E子さん

前回カホコとはじめくんが別れてしまって、カホコは家族もバラバラで、2人とも孤独なところから始まりましたが、それでもカホコが強くいられていたのがすごいと思います。

また、児童養護施設で施設長にはじめくんの話を聞きにいき、カホコの思いが伝わったからこそ手紙を託されて、母につながるキッカケが得られたと思うので、カホコの一生懸命な思いが人を幸せにしているんだと思います。

また、婚活パーティーでいろいろな人と話をしたカホコですが、人の考え方や生き方に対して自分なりの意見を持てているのもカホコが成長している証拠だなと思いました。

ママはカホコとはじめくんの交際を反対しているけど、カホコが他の人を探すために婚活パーティーに行くことも反対していて、結局結婚や交際によってカホコが離れて行ってしまうのが嫌なだけなんだと思います。

だから頑張って説得して、猛反対されている結婚も成し遂げて欲しいと思います。

それと、ばあばの病気に対してや、お金を貯めてくれたことに対してバカにするような態度の糸ちゃんに疑問が残りました。挫折から前向きに立ち直って欲しいです。



コメントを残す