林先生が驚く初耳学 かぼちゃはパンプキンとは言わない?

TBSで放送されている林修先生の番組『林先生が驚く初耳学』のスペシャルで、本田望結ちゃんが、林先生に初耳を教えてあげたのよ!!

それはかぼちゃは英語でパンプキンとは言わないっていう内容だったのよね!!

今回は、林先生が認めた新しい教育学っていうテーマで放送したのよ!!

林先生が驚く初耳学 かぼちゃはパンプキンとは言わない?

【初耳学】カボチャは英語でパンプキンとは言わない。 日本で食用に用いられる(皮が緑の)カボチャはパンプキンでなく「スクウォッシュ」と言い、パンプキンはハロウィンで使われるオレンジ色の皮のモノを指す

ってことで、これは林先生も知らなかったみたい!

【林先生が驚く初耳学】が紹介する大企業の採用順位

1、英語も仕事もできる人

2、英語は話せないが仕事ができる人

3、英語も仕事もできない人

4、英語は話せるが仕事ができない人

英語が話せる人より話せない人の方が評価が高い理由は 「英語が話せるだけで仕事ができると勘違いする」から

林先生が驚く初耳学!で 英語も早期教育不要といってる、数学も不要なので 早期教育はなにやればいいんだ? やっぱり音楽とかパズルみたいなことかな?

【教育にお金をかけるべきは大学受験ではない(林先生)】お金をかけるべきは0〜10歳まで。親の教育投資リターンは幼児教育に手をかけた方が高く、幼児教育を施された子の方が仕事で成功している統計も。「質の高い幼児教育で やり抜く力が育まれる」と考えられている。>「林先生が驚く初耳学」

林先生が驚く初耳学見て親が、 月曜 塾 火曜 習字 水曜 そろばん 木曜 英語 金曜 ピアノ 土曜 プール 習わせたのに「無駄やった」「クズになった」ってボロクソに言ってきてムカつくけど反論出来ない(´•ω•ˋ)

林先生がキラキラネームをブッタ切っているけど、まさしくその通りだと思う。

スポンサーリンク

林先生が驚く初耳学キラキラネームの子は成績が悪い!?

学歴の低い親がキラキラネームつけるってことね。林先生が驚く初耳学見ててキラキラネームのことやってて 創夢(はじめ)とか読み方ないやつ無理やり読ませるとか遊戯王かよ!www(勿論遊戯王だけに限らないけど)

キラキラネームは学力が低いというのを決めつけられるの嫌かも。自分の本名が氏名ともに読みづらい字だけど読みは辞典にも載ってるじだから一緒にされたくない。でも相手が漢字に詳しくないと知らないという漢字だから説明するのいつもめんどくさいし。そういうので差別されるならやだな。

個人を特定するものが固有名詞としての名前…だとするなら、同姓同名になりがちなタイプの名前も、実は微妙なのでは……とか、ふと思ってしまった。 すみません。

名前は読めなきゃ意味がない。そのためのモノ。 キラキラネーム付ける親は、その辺の理解力が足んねえんだな なるほど、よくわかった

キラキラネームと低い学力は相関があるらしい…wwwwwキラキラネームつける親って子供とペット混同してるのかな。。子供がかわいそう。

キラキラネームと低学力には相関関係があるとのこと。林先生の話は妙に納得できた。個人を特定できないキラキラネームには、本来の名前の役割を果たしていない。子どもに責任はないが、親には責任がある。



コメントを残す