コウノドリ最終回のネタバレと感想。オランダへようこそは実在?

綾野剛さん主演のTBSのドラマ『コウノドリ』がついに最終回を迎えました。

第1話から感動の連続で、終わってしまうのが寂しいですね。

今回も、第10話に引き続き、ダウン症候群の赤ちゃんや子供を持つことについて描かれていましたね。

その中に登場した『オランダへようこそ』という詩が実在するということでしたので、詩の全文を掲載しています。

コウノドリ最終回のネタバレと感想

60代男性A郎さん

「コウノドリ」最終話

高山夫婦の奥さん・透子はダウン症候群と診断される。

透子はおなかの赤ちゃんを産もうと決心する。

夫婦は、紹介された障害児保育園を見学に行く。

障害児の保護者は意外と明るかった。

必死にガムシャラに子供を育てて来た、でも子供に気づかされることも有ると言われる。

一緒に来た夫婦は偉いと言われ勇気づけられる。

夫婦の両親は透子の子供の面倒を見ると言い皆で面倒を見る事を約束する。

透子は今橋に「オランダにようこそ」と言う詩を渡される。

その内容は、障害児を育てるのは全く違った環境の中で暮らしている訳では無い、一寸だけ違う環

境の中に居るだけだという事であった。

小学校の時に観た「名も無く貧しく美しく」を思い出した。

聾唖夫婦の葛藤を描いた映画で有った。

子供が生まれる時に子供が障害児に成るのではないかと心配するが、子供は健康な子供であった。

夫婦は健康な人と同じように喧嘩はするし、楽しみ苦しむ。

子供が育ち大きくなると親の耳の障害を助けるという感動的な映画であったように思う。

~全体を通しての感想~

医療関係のドラマは難しい医療専門用語が出て来るが今回もそうであった。

ただ様子を見てこんな病気も有るんだという気持ちに成るのはいつもの事である。

「コウノドリ」では出産と言う特別な事態を描いていた為、複雑な気持ちに成ったのは確かである。

ドラマの中に有ったほど特殊な病気が常には無いと思いながら観ていたが、良い勉強に成りました。

最終話のダウン症候群と言う病気は名前は聞いたことは有ったが、実際の映像をインターネットで観たら上の子供(正常)が下の子供(ダウン症障害)の面倒を見て両親がこの子(上の子)が一番面倒を見ている姿に感動しました。

 

40代男性B彦さん

ついに寂しく思う最終回が訪れてしまいました。

小松の親友の武田は、健康そうだったので簡単に出産できると思っていました。

しかし、なかなか生まれず緊急の帝王切開になり、無事に赤ちゃんが生まれホッとしていたら、母となる武田は血が止まらない状態になり、サクラたちが救命救急科の下屋たちを呼んだ時には、最悪の結果を想像してしまいました。

その時の小松の武田へ掛ける言葉から、親友への気持ちがよくわかりました。この出来事と色々な妊婦と身近に接してきたことが、ペルソナを辞めてお母さんたちを寄り添い支える場所を作る気持ちを明確したのだと思いました。

白川が下屋に、寂しいだろと言いますが、下屋は別にと素っ気ない態度だったので、白川がやっと本音で俺は寂しいよと思い告げ、下屋もありがとうと返す時にはもっと早く二人とも素直になれよと思ってしまいました。

四宮も父親の思いを継ぎ旅立ち、サクラは暖かく見守り送り出す姿潔くもありましたが、どことなく寂しさを抱えているようにも見えました。

どこにいても思いは同じ、そして家族だというのはいい言葉だなぁと思いました。

~全体を通しての感想~

医師というのは生きるか死ぬかに直接関わる事の多い仕事とで、広く深い知識と多くの経験が必要と思います。

このドラマのように産婦人科の医師は、生まれてくる赤ちゃんと母となる女性の命を守らなければならないことから「生きる」という事に重点をおいた仕事と思います。

白川医師が自信を持ち過ぎたために、赤ちゃんの身体の状態を正確に捉える事ができなかったために、危うく尊い命を失うそうになる場面がありました。

周りのサポートや広く多くの視点から、常に新しいその時の判断が必要であったうえで、妊婦の不安を軽減させる助言も大切である重い責任と覚悟がいると痛感させられました。

 

30代男性C奈さん

いろんなことが詰まっていた最終話でした。

お腹の赤ちゃんがダウン症候群だと判るも、産む決意をした高山さんすごいと思いました。

今橋先生がプレゼントした詩は心にしみました。

高山さんのご家族も、小松さんもその詩を読んで、心動かされたことと思います。

先生も助産師さんたちもみんなで高山さんの不安に寄り添って、いいことだなと思いました。

一方、小松さんと同期の武田さんは、順調に出産を終えたと思いましたが、子宮から大量出血が。

一時心拍が停止しましたが、先生や看護師さんたちの懸命な処置や呼びかけの結果、一命をとりとめ、かわいい赤ちゃんにも会うことができました。

本当によかったです。

小松さんもよかったですね。

白川先生の旅立ちは寂しかったですが、またきっと成長して戻って来てくれますよね。

戻って来た先生や看護師さんもいるし、よかったと思ったら四宮先生と小松さんがペルソナから離れる宣言。

淋しい~

でも、どこにいても一人じゃないよという言葉は温かかったですね。

~全体を通しての感想~

前作も観ていましたが、今回も欠かさず観ました。

毎週金曜日が待ち遠しく、でも終わりに近づいてくると段々寂しい気持ちにもなりました。

出産するのがゴールではない、そこから現実が続いて行くと言うことで、産後うつや、障害を持った赤ちゃんを出産すると言うのを見て、その通りだなと思いました。

そして、毎回我が子のことをもっと大事に育てようと思うのでした。

今回は先生たちの仕事ぶりや気持ちにもスポットが当てられてよかったです。

シリーズ3を強く希望します。

30代女性D絵さん

最終回を観た感想は一言で言うと素晴らしいチームだなと思いました。

ベルソナは家族と言われていたのも凄く共感できる。

先輩に教えてもらいながら後輩は日々努力をしてきてその後輩が次へステップアップする為に先輩の元から旅立つ

居なくなるのは寂しいけれど、同期が居なくなるのは寂しいけれど頑張ると言っている背中を押してあげたいという気持ちも凄くわかります。

ステップアップすることは大切なことで日々色んなことに努力して時間を大切に生きていかないといけないということも凄く大事なことで

離れたとしても皆繋がっている、皆違う場所で頑張っているということ・・凄く共感できます。

何も経験したことがなければ強くなれないけれど、経験してきたからこそ違う所へ行っても頑張っ

ていけるということを最終回では凄く伝わりました。

あんな先輩や後輩が居てる職場は楽しいだろうな思いながら観ていました。

最終回は最終回らしい終わり方だったなと思いました。

 

~全体を通しての感想~

全てのお話を観て、命の大切さが伝わる話だったなと思いました。

実際自分がその立場だったらどうするだろう、どう解決していくだろうと考えながら観てました。

オランダへようこそという話も初めは何でオランダが出てくるんだろうと思っていましたが、そういうことだったのかと感じれた。

このドラマの全話はありえる話だと思います。

ドラマだから、作り物だとは思えないぐらいいつどこで誰が起こってもおかしくない話

出産をしたことがある人、これから出産をする人誰にでも起こり得るお話だなと思いました。

30代女性E里奈さん

いろんなことが詰まっていた最終話でした。

お腹の赤ちゃんがダウン症候群だと判るも、産む決意をした高山さんすごいと思いました。

今橋先生がプレゼントした詩は心にしみました。

高山さんのご家族も、小松さんもその詩を読んで、心動かされたことと思います。

先生も助産師さんたちもみんなで高山さんの不安に寄り添って、いいことだなと思いました。

一方、小松さんと同期の武田さんは、順調に出産を終えたと思いましたが、子宮から大量出血が。

一時心拍が停止しましたが、先生や看護師さんたちの懸命な処置や呼びかけの結果、一命をとりとめ、かわいい赤ちゃんにも会うことができました。

本当によかったです。

小松さんもよかったですね。

白川先生の旅立ちは寂しかったですが、またきっと成長して戻って来てくれますよね。

戻って来た先生や看護師さんもいるし、よかったと思ったら四宮先生と小松さんがペルソナから離れる宣言。

淋しい~

でも、どこにいても一人じゃないよという言葉は温かかったですね。

~全体を通しての感想~

前作も観ていましたが、今回も欠かさず観ました。

毎週金曜日が待ち遠しく、でも終わりに近づいてくると段々寂しい気持ちにもなりました。

出産するのがゴールではない、そこから現実が続いて行くと言うことで、産後うつや、障害を持った赤ちゃんを出産すると言うのを見て、その通りだなと思いました。

そして、毎回我が子のことをもっと大事に育てようと思うのでした。

今回は先生たちの仕事ぶりや気持ちにもスポットが当てられてよかったです。

シリーズ3を強く希望します。

「オランダへようこそ」とは?

コウノドリのドラマに出てきた「オランダへようこそ」という詩は1987年にエミリー・パール・キングスレイさんという女性の方が書いた、実在する詩です。

エミリーさんは、自身もダウン症の赤ちゃんを出産したママであり、あのセサミストリートの作家を務めた女性でもあります。

ダウン症の子供を産んでからは、障害を持っている人たちについて知ってもらう活動をしています。

「オランダへようこそ」はダウン症の子供をもつ親たちを中心に、感情のなぐさめであったり糸口という形で読み継がれているのです。

「オランダへようこそ」全文

佐橋 由利衣さんが翻訳された「オランダへようこそ」の全文を掲載しています。

私はよく「障がいのある子を育てるのってどんな感じ?」と、聞かれることがあります。

そんな時私は、障がい児を育てるというユニークな経験をしたことがない人でも、それがどんな感じかわかるようにこんな話をします。

赤ちゃんの誕生を待つまでの間は、まるで、素敵な旅行の計画を立てるみたい。

例えば、旅先はイタリア。

山ほどガイドブックを買いこみ、楽しい計画を立てる。

コロシアム、ミケランジェロのダビデ像、ベニスのゴンドラ。

簡単なイタリア語も覚えるかもしれない。とてもワクワクします。

そして、何カ月も待ち望んだその日がついにやってきます。

荷物を詰め込んで、いよいよ出発。

数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸。

そして、客室乗務員がやってきて、こう言うのです。

「オランダへようこそ!」

「オランダ!?」

「オランダってどういうこと?? 私は、イタリア行の手続きをし、イタリアにいるはずなのに。ずっと、イタリアに行くことが夢だったのに」

でも、飛行計画は変更になり、飛行機はオランダに着陸したのです。

あなたは、ここにいなくてはなりません。

ここで大切なことは、飢えや病気だらけの、こわくてよごれた嫌な場所に連れてこられたわけではないということ。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

だから、あなたは新しいガイドブックを買いに行かなくちゃ。

それから、今まで知らなかった新しいことばを覚えないとね。

そうすればきっと、これまで会ったことのない人たちとの新しい出会いがあるはず。

ただ、ちょっと「違う場所」だっただけ。

イタリアよりもゆったりとした時間が流れ、イタリアのような華やかさはないかもしれない。

でも、しばらくそこにいて、呼吸をととのえて、まわりを見渡してみると、オランダには風車があり、チューリップが咲き、レンブラントの絵画だってあることに気付くはず。

 

でも、まわりの人たちは、イタリアに行ったり来たりしています。

そして、そこで過ごす時間がどれだけ素晴らしいかを自慢するかもしれないのです。

きっと、あなたはこの先ずっと「私も、イタリアへ行くはずだった。そのつもりだったのに。」と、いうのでしょう。

心の痛みは決して、決して、消えることはありません。

だって、失った夢はあまりに大きすぎるから。

でも、イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、心から楽しむことはないでしょう。

http://www.jdss.or.jp/tane2017/index.htmlから引用

>>コウノドリ2最終回動画を見逃してしまったらどうする?

>>コウノドリ第10話ネタバレ感想。奥山佳恵のダウン症の息子が出演?出生前診断がテーマ

>>コウノドリ9話ネタバレ感想 不育症を乗り越えて

>>コウノドリ 8話の感想!辞めたのは四宮先生じゃなくて白川先生だった!?

>>コウノドリ 動画 7話を無料で視聴する方法を紹介します



 

楽しみにしていたドラマを見逃してしまった!ビデオ録画も忘れてしまった!

 

という人のために、見逃したドラマを無料で視聴できる方法を紹介しています

 

スマートフォン・タブレット・パソコンがあれば、好きな時間に好きな場所でネットでドラマが見ちゃう動画配信サービスを紹介します。

 

無料お試し期間中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しないから安心してね!

 

よく聞くPandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマ動画は違法になるから注意してくださいね!

 

最悪の場合、懲役や罰金になることもあるのよ!

ココでは安心・安全な公式サービスだけを紹介します

 

TSUTAYAディスカス DVD/CD宅配レンタル・動画配信サービス




ツタヤのサービスなので、レンタル作品が豊富にあります

  • パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ
  • 君の名は。
  • 韓流ドラマ
  • 無限の住人
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走
  • ワンダーウーマン
  • 銀魂


FOD フジテレビ公式





  • 隣の家族は青く見える
  • FINAL CUT
  • 海月姫
  • コードブルーシリーズ
  • 好きな人がいること
  • あいのり
  • テラスハウス


Hulu 日本テレビ公式





  • トドメの接吻
  • トドメのパラレル
  • anone
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • ハイアンドローシリーズ(HiGH&LOW)
  • 愛してたって、秘密はある


U-NEXT 映画・ドラマが充実





  • 韓流ドラマ
  • 君の膵臓を食べたい
  • ドクターXシリーズ
  • ハリー・ポッターシリーズ
  • 君の名は。
  • 美女と野獣


 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください