去年の冬、きみと別れ 映画のネタバレと感想!みんな騙された

三代目J Soul Brothersのがんちゃんこと岩田剛典主演の映画『去年の冬、きみと別れ』がついに公開されました。

原作は映像化不可能と言われた傑作サスペンス『去年の冬、きみと別れ』で作者は中村文則さんです。

今回は映画『去年の冬、きみと別れ』のネタバレを紹介します。

『去年の冬、きみと別れ』のネタバレ


フリーライターの耶雲恭介(岩田剛典)は、婚約者の松田百合子(山本美月)と結婚をする前に、記者としての腕試しをするために、天才フォトグラファーと呼ばれる木原坂雄大(斎藤工)のスタジオで撮影している時に火災となり、盲目のモデルの吉岡亜希子(土村芳)が焼死してしまい、裁判で雄大に対して執行猶予付きの判決が言い渡されたが、恭介は司法が殺意がなかったと判断した事に疑問を持ち、真相を探るために雄大の事を幼少期から探るという記事を、週刊雑誌の編集者の小林良樹(北村一輝)に持ち込みます。

編集者の小林はライターの恭介に、雄大に迂闊に近付くなと忠告しますが、恭介は雄大と姉の朱里(浅見れいな)との距離を縮めて行き、雄大のスタジオに出入りの許可をもらい、恭介は取材に没頭していきます。

恭介は取材する中で、雄大と朱里の姉弟は幼少期に、父親から虐待を受けていた事がわかり、その父親が不可解な死を遂げていた事から、姉弟が協力しての犯行と考えられましたが、子どもでは無理な位置に傷があり、大人の犯行で殺害されたと知り、雄大と朱里は姉弟以上の、強い繋がりがあるとわかりました。

恭介が取材に力を入れ込む事で、取材される雄大も恭介に興味を持ち始め、恭介とすれ違いを感じ始めた、婚約者の百合子にも興味が向き近付きます。

ある日、百合子が姿を消してしまい、雄大のスタジオに百合子がいる事がわかります。

雄大が百合子の魅力が出せると誘い、百合子自身が雄大のスタジオへやって来たと言います。

恭介は編集者の小林と、雄大のスタジオへ向かいますが、雄大のスタジオは炎に包まれていました。

炎の中で、椅子に拘束されている百合子を、狂喜の笑みを浮かべ、カメラで撮り続ける雄大。

婚約者の百合子は死んでしまい、雄大は殺人で逮捕され、小林は何も出来ずに呆然として、朱里は行方がわからないまま、恭介は魂が抜け落ちてしまいました。

しかし、この時に恭介は本当の目的を成し遂げていたのです。

それは、フォトグラファーの雄大と姉の朱里、編集者の小林に対する復讐でした。

雄大のスタジオで撮影中に火災で亡くなった、吉岡亜希子は恭介の元恋人でした。

恭介は亜希子との意見の違いから別れ、その後、雄大のモデルとして焼死してしまい、恭介は亜希子の焼死事件の真実を求めて取材する中で、朱里から真相を知ることになります。

亜希子は雄大に軟禁されていて、姉の朱里、編集者の小林も手伝っていました。

小林は、朱里と雄大の父親の教え子で、姉弟の異様な結び付きに取り付かれ、父親を殺害した人物で、共犯関係になり、 大人になった朱里の女の魅力に溺れていました。

復讐を決意した恭介は、雄大を確実に死刑にするために計画を立てました。

百合子は、ネット上で知り合い婚約者を、演じる共犯者で、百合子から雄大に近付きスタジオへ行き、雄大の隙をついて逃げ、恭介は前もって軟禁しておいた朱里を入れ替え、朱里に火をつけます。

燃え上がる炎の瞬間を逃すまいと、雄大は撮り続けますが、燃え行く人が強い繋がりのある姉の朱里とは知らず、小林も自分が取り付かれた朱里とは気付きませんでした。

こうして恭介の復讐は成し遂げられました。

『去年の冬、きみと別れ』の総評

ただ単に映画を見ていると、フリーライターの恭介が取材の中で、フォトグラファーの雄大に取り付かれ、婚約者の百合子を、焼死した盲目のモデルの亜希子と同じように、殺害されてしまう悲しい出来事のように見えてしまいますが、本当は恭介が考えに考えた、復讐だったという展開には驚きました。

恭介を演じた岩田剛典さんと、その婚約者の百合子を演じた山本美月さんの配役が、既に騙しに入っているように思われて、クリーンなイメージの二人によって復讐という文字を完璧に隠すことができていると思いました。

恭介とは対称的な怪しい雰囲気を出す天才フォトグラファーの木原坂雄大を斎藤工さんが演じられた事で、より怪しく見えて、炎の中を撮り続ける姿は化け物のように感じてしまいました。

映画の細かく色々な真相部分を散りばめられていて、よく見ていないと見落としてしまう演出遂げても見事と思うほどでした。

ただ、救われない人ばかりの多さには切なくなりましたが、今年度で一番の作品になると感じています。

感想

私はもともと原作を読んだことがあり、面白いなと思っていたところ映画化が決まり、とても楽しみにしていた作品です。

しかし、正直映画化するという事に不安も感じていました。

この作品「去年の冬、君と別れ」は登場人物一人一人の表情、感情を表現するのがとても難しい作品だと思うからです。

特に、主人公耶雲恭介役、三代目JSoulBrothersの岩田剛典君にこんな難しい役出来るのかな?と思っていました。

しかし、実際に映画館で観てみると、圧巻の演技を見せられました。

岩田君だけでなく、山本美月ちゃん、斎藤工くんらの演技もとてもすごく、正直鳥肌がたってしまいました。

原作の大切なシーンも裏切ることなく、しっかりと映画に再現されていて、文句ナシの作品に仕上がっていました。

良い意味で期待をうらぎられたって感じです。

原作を知っている私でも楽しめたので、「原作を読んだから映画はいいや」って思ってる人にも是非観て欲しいです。

絶対に観るべき作品だと私は思いました!



 

楽しみにしていたドラマを見逃してしまった!ビデオ録画も忘れてしまった!

 

という人のために、見逃したドラマを無料で視聴できる方法を紹介しています

 

スマートフォン・タブレット・パソコンがあれば、好きな時間に好きな場所でネットでドラマが見ちゃう動画配信サービスを紹介します。

 

無料お試し期間中は、期間以内に解約すれば一切料金は発生しないから安心してね!

 

よく聞くPandoraやDailymotionなどにアップロードされているドラマ動画は違法になるから注意してくださいね!

 

最悪の場合、懲役や罰金になることもあるのよ!

ココでは安心・安全な公式サービスだけを紹介します

 

TSUTAYAディスカス DVD/CD宅配レンタル・動画配信サービス




ツタヤのサービスなので、レンタル作品が豊富にあります

  • パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ
  • 君の名は。
  • 韓流ドラマ
  • 無限の住人
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走
  • ワンダーウーマン
  • 銀魂


FOD フジテレビ公式





  • 隣の家族は青く見える
  • FINAL CUT
  • 海月姫
  • コードブルーシリーズ
  • 好きな人がいること
  • あいのり
  • テラスハウス


Hulu 日本テレビ公式





  • トドメの接吻
  • トドメのパラレル
  • anone
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • ハイアンドローシリーズ(HiGH&LOW)
  • 愛してたって、秘密はある


U-NEXT 映画・ドラマが充実





  • 韓流ドラマ
  • 君の膵臓を食べたい
  • ドクターXシリーズ
  • ハリー・ポッターシリーズ
  • 君の名は。
  • 美女と野獣


 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.