警視庁捜査一課9係 渡瀬恒彦 出演せず主人公不在の設定で放送!テレビ朝日4月放送ドラマ

スポンサーリンク

テレビ朝日系の「水曜21時」枠で放送されている人気刑事ドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係』

主演の渡瀬恒彦さんが3月14日に亡くなったため、主人公の出演や代役について話題になっていたのよね

このことについて、テレビ朝日の定例会見で早河洋会長兼CEOが渡瀬さんについて

 

早河洋会長兼CEO

「9係の台本を最後まで手放さなかったと聞いています。

気持ちを大事にして、今回の9係は主人公は不在という設定になりますが、

5人のレギュラーに頑張っていただいて、1クール放送する予定です」

と発言したみたいです!

ということで、「警視庁捜査一課9係」の新シリーズは、5人体制で行くみたいよ!

渡瀬恒彦さんがいないのは残念

相棒より9係の方が味があって好きなんだよね。

渡瀬さんが観られないのは残念ですが、

レギュラーメンバーで渡瀬さんの意思を繋いで欲しい。

だいぶ前だけど大滝秀治がゲストの回が良い話だったなぁ。

人情味があって相棒とは違う安定感があると思う。

相棒はねちっこいドラマですから少し難しいけど

9係のドラマは爽やかですので解りやすい気がします。

はぐれ刑事純情派を爽やかにした感じで、面白いから今後も続けて欲しい。

そういえば藤田まことさんの必殺仕事人は

「西方に引っ越しました(だったっけ)」って張り紙張られた家を映して、

仕事人仲間が語り合う場面で弔いの演出をだしてたなぁ。

9係でも5人が係長の事語り合う場面を最終回にでも入れてほしい。

確かに相棒と9係は同じ系列でもまったく違うドラマですからね。

例外として米沢が9係に出てコラボした事はあるものの。

比べてどうこういうのは違いますね、安易だと思います非常に。

でも9係は癖のある人がおおいけど、チームワークで捜査したり、

なんだかんだ言ってお互いに信頼しあって

「チーム」というのがウリのチームワーク物のドラマなのと、

渡瀬恒彦さん演じる加納さんの人情溢れる感じが独特なドラマでファンも多いですからね。

事件のラストでは加納さんが犯人を諭したりする人情派な感じの雰囲気を醸し出すシーンなんかも

見どころだと思いますし、今後はその辺どうしていくのか・・・

ていうのが気になりますね。

スポンサーリンク

今後の展開はどうなるのでしょうかね

なにより、

「主人公不在で続ける」という点ですが、

あくまで不在なだけで、「事情があって9係を離れたまま」という形にするのか、

ドラマを存続する為にどこかで殉職という形にするのか、気になりますね。

きっと最後のシリーズになるんでしょうが、

渡瀬さんへの感謝ということで1クール放送するんだと思います。

それだけ渡瀬さんって素晴らしい役者さんだったということ。

終わってほしくない。

何とか今シーズン以降も、何とか続けられないだろうか…

渡瀬さん演じる係長が、事件を違う視点から見て、

それが事件解決の糸口になる、と言う設定がなくなるので、

ちょっと難しい気がしますね…。

疲れている皆にコーヒー淹れてくれるシーンも良かったな…

恐らく、次回からは係長役が変わるのでしょうね。

十津川警部のように‥

初代の渡瀬さんの世界観を、新しい世代で残していってほしい。

スポンサーリンク

渡瀬恒彦さん不在でも観ます!

間違いなく観ます。

不在という形での放送でも、残りのメンバー、スタッフは、良い作品にしてくれると思っています。

頑張ってください。

渡瀬さん抜きは残念ですけど

ドラマは楽しみにしてます。

主人公がいないと物足りないだろうなぁ。

でも見ますよ。

私も9係大好きでした。

やはり渡瀬さんなしは寂しいので

9係はこれでおしまい。で、いのっち主演で

新しい刑事ドラマがあれば個人的には嬉しいです。

9係の俳優さんはみなさん個性的で

ステキです!!

 



コメントを残す