べっぴんさんの視聴率が低い理由?最終回も20%割れで NHK 4月1日

女優の芳根京子ちゃんが主演したNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」が最終回をむかえました~

平均視聴率は19・8%だったみたいなんだけど、最終回で20%を切ったのは

「ウェルかめ」の13・3%以来7年ぶりなんだって!

それでも平均視聴率は20・3%で20%を超えてるんだけどね~

低視聴率は仕方ない?

仕方ない。

最終回まで観たいと思えるドラマじゃなかったから

それでも平均20%越えてるという。

2016年度の朝ドラはどちらもつまらんかった。

どちらも1週間足らずで視聴しなくなりました。

稚拙な内容だったのに、脚本家やスタッフが自画自賛している記事を度々目にするのが不思議。

私のように朝ドラ見るのが日課な人も多いでしょうから(^_^;)

面白かったです。戦後の復興期など。

ただ違和感も後半ありました

まだ20歳そこそのの俳優さんが60代などの高齢者を演じ、

同じ年かちょっと下の年齢の俳優さんが、その子供役。

子供が赤ちゃんを産んで育てている・・・。

老け役と言っても肌は綺麗、老け役にメイク(顔と頭髪)

めがねをずらしてかける(老眼鏡?)など取り入れていますが、

やはり年齢に違和感が・・・

「おしん」のときのように年齢にみあった俳優さんを起用してもいいのでは?と思いました。

スポンサーリンク

演出に問題があった?

同じ人がやるので仕方ない部分があるけど、

若者と爺さんの役を同じクールでやるのは無理あるね

最後のほうなんて、みんなおんなじぐらいの本年齢で

いろいろやるからコントになってたな、、、

ホントにおもしろくなかった。

なんの変哲もないストーリーをだらだらと見せられただけだった。

全体的に内容が暗すぎた。

早く成功しすぎて前半で一通り終わった。

後はセレブな生活見せられてうんざりした。。

おばあさん役とその子供たちが集まると、みんな同年台に見えた。

おばあさん役になったら、せめて白髪にしてほしい。

白髪のないお婆ちゃん達ってなんなの?

男性陣はそこそこ作ってた気がするけど、女性は演技と服装だけで乗りきろうとしてたね。

LIFEの内村見習ったらいいのに。

無駄な演出が多過ぎで、質の高い物作りとか全く伝わらなかった

栄輔の波乱万丈を見守るオバサン達の一生みたいな

キアリスには目立った浮き沈みも無いし

終わり方がこのドラマを物語ってる。

回収できたはずの伏線やエピソードを回収せずに、

ダラダラと時間稼ぎのみに徹した後半って感じだった。

朝ドラのタブーを破って

キスシーンまであったのに

話題にならなかった。

最終回も内容が悪かったんやね。

大台割れでも充分な数字だと思うけど。

役者さんはお疲れ様でした

スポンサーリンク

話の内容が??

ファミリアがどうやって今の地位を築いていったのか・・・

の話だと思っていましたがそっちにはあまり触れられずただの家庭の話になったのは残念です

ファミリアここまで素敵な大きな企業になったのは

どんな苦労があったのか、企業努力があったのかをもっと描いているのかと思いきや。

そんなの関係ねえ、とばかりに

仕事の話はとんとん拍子に成功ばかり。

くだらないさくらの話や孫の話に時間を割いて、主人公はなぜか涙を流して

思い出話をする。

その涙に何も共感できないですよ。

その辺の内容で、あさが来たやとと姉ちゃんと

大きな差がつきましたね。

脚本家が気付いているかどうかは知りませんが。

前作、前々作はしっかり描き、かつ家族や周辺との交わりもしっかり描いたから高視聴率だったと思う。

「ベッピンさん」も途中までその傾向はあったが、

年明け辺りからムスメやマゴの騒動ばかり取り上げて

肝心なキアリス(ファミリア)はそっちのけになった感は否めない。

実在人物がモデルになっている作品の難しいところですね。

口減らしの奉公人から社長に昇詰めたタケちゃんや、

GI相手のキャバレー・ホステスからデパート社長夫人にまで昇りつめた悦子さん、

ヨーソローの若い二人など、

脇を固めるキャラクターが立ち過ぎていて、それだけで話が作れちゃう。

20歳の子におばあちゃんやらせちゃダメだろ

頑張って演技してたけど

ほんと なんかなぁ って感じがした。あれじゃ感情移入できないなあ

出演者の方々は ほんとお疲れ様でした。



コメントを残す